研究・開発では、AGCグループの5つのコア技術 - ガラス材料設計技術、ガラス生産加工技術、フッ素化学技術、薄膜形成技術(表面処理)、光・電子関連設計技術- に独自の自動車用ガラス技術を融合しています。

このように、グローバルな体制のもとで研究・開発に取り組むことで、車の安全性、快適性、デザイン性、車の情報通信の向上に貢献しています。

日本・北米・欧州の各技術開発拠点では、 AGCグループの5つのコア技術をベースとした自動 車用ガラス成形技術、および新商品の開発に取り 組んでいます。

その成果は、グローバルに展開する販売・サービス拠点を通じて世界中に発信されています。