モビリティ社会は4つの技術トレンド:コネクティビティ、自動運転、電動化、モビリティサービス への投資を進めています。これらの技術発展により、例えば車内は余暇を楽しんだり、仕事をする空間になると考えられています。また、車のライフサイクルが変わる可能性があるとも考えられています。

AGCオートモーティブはこれらの変化を見据え、自動車メーカーやモビリティ分野のお客様の様々なニーズに合致するソリューションをご提供できるよう、日々取り組んでいます。
AGCオートモーティブは、未来のモビリティ社会の発展に貢献できるよう努力してまいります。

Wideye

LiDARに係わる企業の多くが、自動運転車の展望を見据えてLiDARそのものの需要創出に注力している一方、AGCは既に、LiDARを車載する上での安全設計や既存車体デザインとのシームレスな統合といった課題にフォーカスしています。

高い専門知識を有したAGCの「Wideye」チームは、当社が開発した特別な赤外線透過ガラスを用いて、LiDARセンサーモジュールと車の完全な統合の為のソリューションを提供します。

詳しくはこちらをご覧ください。

車載ディスプレイ用カバーガラス

AGCオートモーティブは「車載ディスプレイ用カバーガラス」に関する幅広い技術を保持しています。平面、曲面もしくはそれらを織り交ぜた複雑形状を実現。車内インテリアとシームレスに一体化し、自動車の内装デザイン向上に貢献しています。

素材である化学強化ガラスの製造から、各種光学薄膜コーティング、装飾印刷、複雑形状の一体成形
に至るまで、AGCグループ一貫生産体制を整えています。

5G

自動車や鉄道などの車室内や建物内での安定した第5世代移動通信方式(以下、5G)による高速通信実現により、モビリティは移動するConnected Deviceとなっていくと予想されています。

AGCオートモーティブは、5Gの本命と目される28GHz帯の電波送受信が可能なオンガラスアンテナを開発。外観からアンテナが見えにくく、車両のデザインを損なわずに設置可能です。

2018年には、約100km/hで高速走行中の車両との間で、最大8Gbpsの5G通信に世界で初めて成功しています。