AGCオートモーティブは、AGCグループの5つのコア技術-ガラス材料設計技術、ガラス生産加工技術、フッ素化学技術、薄膜形成技術(表面処理)、光・電子関連設計技術-をベースとして、そこにデジタルデザイン技術、表面処理技術、自動車ガラス生産技術などの要素技術を融合させることで、最適なソリューションを創造しています。

詳細はこちら

このような研究・開発は、グローバルな技術開発体制のもとで取り組んでおり、車の安全性、快適性、デザイン性、車の情報通信の向上に貢献しています。

自動車が一般大衆に広まってから1世紀が経った今、自動運転など車はかつてない大変革の時代を迎えており、
これまでにないモビリティ用のガラスを開発するためのチャレンジが始まろうとしています。

AGCグループは、経営方針AGC plus の下、モビリティ分野を戦略事業のひとつに位置付け、より付加価値の高いソリューションを提供していきます。

詳細はこちら