AGCのガラス製透明スクリーン Glascene®が車窓モビリティサイネージサービスに採用
AGC(AGC株式会社、本社︓東京、社長︓平井良典)のガラス製透明スクリーンGlascene®(グラシーン)が、株式会社ニューステクノロジーとS.RIDE株式会社が本年 6 月より開始予定のタクシー車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」に採用されました。本製品は、プロジェクターの映像を投影できるガラス製透明スクリーンです。映像を投影していない時は透明な窓ガラスですが、投影時はクリアな映像を映し出すことができます。


AGCのガラス製透明スクリーンGlascene®は、特殊なスクリーンフィルムを、2 枚のガラスで挟み込んだ合わせガラス構造です。これまで主に商業施設や店舗、ショールームの窓ガラスとして映像演出用途に採用されています。
今回採用される「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」では、タクシーの空車時間を活用し、サイドガラスに広告を投影することで、自動車用窓ガラスが新たな情報発信源として活躍します。自動車用窓ガラスとして求められる安全性・耐久性を確保しながら、高コントラストな広告を投影することが可能です。


AGCグループは、経営方針AGC plus 2.0 の下、お客様に「新たな価値・機能」を、プラスする製品づくりに取り組んでいます。今後もお客様に満足頂ける、新たな価値をプラスした製品をご提供できるよう技術革新を進めていきます。